腎移植内科研究会

開催概要

会長:
長浜 正彦
副会長:
川口 武彦
名称:
第5回腎移植内科研究会 学術集会2019
開催場所:
聖路加国際病院CCAセンター 日野原ホール (定員250名)
日時:

2019年10月6日(日) (日本腎臓学会東部会の翌日 9:00~15:40 )

特別講演:

「医療におけるAIの可能性」

加藤 浩晃 先生(デジタルハリウッド大学大学院 客員教授)

2019年10月6日 プログラム概要

9:00〜9:10 Opening Remarks
長浜正彦 先生
(本大会長)
          
9:10〜10:10 シンポジウム①「移植前管理(RRTなど)」
①-1 基調講演:聖路加国際病院 長浜正彦 先生(30分)
「腎臓内科にとっての腎移植 ~保存期にできる腎移植~」
①-2 演題:聖路加国際病院 伊藤雄伍 先生(発表+質疑応答 計15分)
「甲状腺乳頭癌が判明した生体腎移植レシピエント手術待機期間」
①-3 演題:千葉東病院 岡田絵里 先生 (発表+質疑応答 計15分)
「患者紹介から腎移植施行までに要した期間についての検討 ~どのような腎不全患者を早期紹介すべきか~」

10:10〜11:10 シンポジウム②「移植後管理(再発腎炎など)」
②-1 基調講演:千葉東病院 川口武彦 先生(30分)
「移植後管理 ~CKDとCKD-Tの管理はどう違うか~」
②-2 演題:東京慈恵会医科大学 川邊万祐子 先生(発表+質疑応答 計15分)
「原疾患IgA腎症における予防的扁桃摘出術と糖鎖異常IgA1の検討」
②-3 演題:東邦大学 小口英世 先生 (発表+質疑応答 計15分)
「BKウイルス腎症で免疫抑制減量中に発症した、移植腎腫脹を伴う血管型拒絶反応の1例」

 ***休憩10分***

11:20〜12:20特別講演「医療におけるAIの可能性」(60分)
加藤 浩晃先生
デジタルハリウッド大学大学院 客員教授

12:20〜13:20 懇親会(60分)
13:20〜14:20 シンポジウム③「ドナー管理」(60分)
③-1 基調講演:熊本赤十字病院 豊田麻理子 先生(30分)
「生体ドナーを守れ!~移植前評価とフォローのポイント~」
③-2 演題:増子記念病院 辻田誠 先生(発表+質疑応答 計15分) 「腎機能悪化を合併した腎移植ドナーからみる術前評価の重要性」
③-3 演題: 鹿児島大学 南真人 先生 (発表+質疑応答 計15分) 「腎移植を契機に診断されたFabry病ヘテロ接合体ドナーの一例」
 ***休憩10分***
14:30〜15:30 シンポジウム④「移植後合併症(感染症など)」(60分)
④-1 基調講演:福岡大学 升谷耕介 先生(30分)
「腎臓内科医が知っておくべき腎移植後感染症」
④-2 演題:聖マリアンナ医科大学 寺下真帆 先生(発表+質疑応答 計15分)
「移植後長期経過後に発症したニューモシスティス肺炎の一例」
④-3 演題:筑波大学腎臓内科 渡邉めぐみ 先生(発表+質疑応答 計15分)
「移植腎に腫瘤性病変を呈し診断に難渋したアデノウイルス腎症の一例」
15:30〜15:40 Closing Remarks(次期大会長:升谷 耕介 先生)

※日野原ホールは各座席に机、電源が完備しており、Wi-Fiも使用できます。

事前参加登録は↓こちらから

事前参加登録いただいた方のみ、各シンポジウムの基調講演資料を1週間前にメールで送付します。